R・D・ウィングフィールド フロスト日和

デントンの町に肌寒い秋風が吹く。婦女暴行魔が好き勝手に暴れ、公衆便所で汚水とゲロにまみれた浮浪者が殺され、案の定強盗事件まで発生する。中間管理職のフロスト警部は不眠不休で板挟みになるが……。 2作目までしか読んでいなかったことを後悔するばかり…

池上彰 知らないと恥をかく世界の大問題10 転機を迎える世界と日本

池上彰が解説する世界・国内の政治ニュース総まとめ。 kindle版からまわし読みできるよう本に変更。シリーズを読み始めてから4年。やっと追いついたのと、これを入り口に読書の幅が広がったことに感謝。決して満足していい内容ではないけど、まずはここから…

平山夢明ほか 瞬殺怪談

瞬殺の如く一瞬で読める最恐怪談156話。平山夢明、黒木あるじ、我妻俊樹、松村進吉、伊計翼、黒史郎、神薫らを収録。 トップスピードでビビらせにくる怪談界のF1こと瞬殺怪談。たった数行が怖い。オカルトから地元怪談もあり、今回も大変満足。 瞬殺怪談 (竹…

フェルディナント・フォン・シーラッハ 刑罰

ダイバースーツを着て、浴槽で死んだ男。赤ん坊を殺した夫の肩代わりで、刑務所に入った妻。実在の事件をモチーフに、裁きから漏れた罪を書く。罰を与えられれば、赦されたかもしれないのに。 『犯罪』『罪悪』のテイストが帰ってきた!削られたストーリーは…

NHK「女性の貧困」取材班 女性たちの貧困 “新たな連鎖”の衝撃

「クローズアップ現代」「NHKスペシャル」で話題を呼んだ「女性たちの貧困」を書籍化。深刻化する10代、20代女性の貧困。奨学金が返せない女性、ネカフェで生活する姉妹、親の貧困を引き継いだ女の子……。フィクションではない、目の前にある苦しみを追う。 …

堤未果 社会の真実の見つけかた

9.11後のアメリカでいったい何が起きているのか?国民のためと進められた教育改革は、教育と学業を利用し、若者を丸裸にするためのビジネスではないか。あおり続けるメディアの実態を、取材を通して実感した著者が語る「情報を読む力」。 岩波ジュニア新書に…

木原浩勝 九十九怪談 第六夜

『新耳袋』に続く新しい百物語シリーズ。しばらくこのシリーズを読んでいないと思ったら、3年ぶりか。怪談を読んだという充実感があるわけでもなく、もうこれで終わりにしようと思います。 九十九怪談 第六夜 (角川文庫)作者: 木原浩勝出版社/メーカー: KADO…

葉真中顕 コクーン

1995年3月20日、丸ノ内で起こった新興宗教団体「シンラ智慧の会」による無差別乱射事件。その首謀者は教祖の天堂光翅であった。彼に関わった者は、一匹の煌めく金色の蝶を見ていた……。 様々な視点で語られる事件の断片。貧困や震災など、社会問題を切り口に…

松井優征 東山彰良 魔人探偵脳噛ネウロ 世界の果てには蝶が舞う

弥子とネウロに会った笹塚刑事は、1匹の蝶を見た。その瞬間、笹塚は遠いあの日を思い出した……。逃げるように日本を飛び出し世界中を旅した彼は、南米で1人の少女に出会う。マフィアが闊歩する街で、命がけの非日常に巻き込まれるが……。 のちに直木賞を受賞し…

詠坂雄二 インサート・コイン(ズ)

ゲーム雑誌でライターを務める柵馬は、記事を書くために日夜奔走する。動くキノコを求めて奥多摩へ。初恋の彼女とプレイしたゲームの思い出。あの有名RPGに隠された伏線とは。俺たちが過ごした青春と楽しさは、現代ミステリーへと化けて現れた。 様々な感想…

鴻上尚史 「空気」を読んでも従わない 生き苦しさからラクになる

「空気」を読めと言うけれど、「個性」も尊重しろと言われる時代。どうしてこんなに息苦しいの?もっと自分らしく、もっとのびのびと行きたい人へ送る、とっておきのアドバイス。 ネットコラムが都度話題になるので、そのベースが書かれていると思って読んで…

ソフィー・エナフ パリ警視庁迷宮捜査班

6カ月の停職処分から復帰したアンヌ・カペスタン警視正。未解決事件を扱う新しい特別捜査班をまとめるよう命じられるが、集まった面々は厄介者ばかりだった。バディを不幸にする死神、大酒飲み、スピード狂、チクリ屋……。目の前の資料から、20年前のフェリー…

NHKラジオセンター「子ども科学電話相談」製作班 NHK子ども科学電話相談〈2〉

NHKラジオ第1放送「夏休み子ども科学電話相談」より、平成17の放送から、51の質問と回答をセレクト。 動物、鳥、昆虫、植物、宇宙に身近な日常の科学まで。子どもたちのストレートな観察力と疑問から、専門の先生たちが丁寧に解説する。この子ども向けの言葉…

司馬遼太郎 燃えよ剣

江戸幕末動乱期。剣に生き生かされ、死んだ男、土方歳三。武州石田村で喧嘩好きとして名を馳せ、浪人と百姓上がりの寄せ集めを新撰組という集団を作り、日本の歴史に大きな波風をたてた男。その生涯。 後輩「えっ、司馬遼太郎読んだことないんすか。『燃えよ…

コリン・デクスター オックスフォード運河の殺人

不摂生のために入院してしまったモース主任。時間つぶしに読み始めたのは『オックスフォード運河の殺人』だった。ヴィクトリア朝時代、一人旅の女性を殺した罪で死刑となった2人の船員がいた。進めるうちにモースは疑問を感じ、病床からできる推理を始めるが…

ラリー遠田 教養としての平成お笑い史

幅広い世代が話題にできるお笑い、芸人について平成の30年間で何が起こっていたのか。明石家さんまの離婚から、有吉弘行の復活、笑っていいとも! の終了、PPAPまで、それぞれの背景に何があり、どのような波風をたてたのかを解説する。 ブログで紹介されてい…

森博嗣 人間のように泣いたのか? Did She Cry Humanly?

キョートで行われる国際会議で、ウォーカロン・メーカの連合組織WHITEは、人口増加に資する研究成果を発表しようとしていた。利権がWHITEに一本化されるほどの内容だと推測されたが、実行委員のハギリは、武力介入によって阻止されることを知る……。 朝日新聞…

マット・ヘイグ トム・ハザードの止まらない時間

彼がロンドンへ帰ってきたのは400年ぶりだった……。16世紀末に生まれ、その成長の遅さから魔女狩りから逃げ、シェイクスピアと出会い、太平洋を転々とした。トム・ハザードは遅老症なのだ。同じ生きかたをするコミュニティ「アロバトロス・ソサエティ」へ加入…

森博嗣 天空の矢はどこへ? Where is the Sky Arrow?

日本唯一のウォーカロン・メーカ、イシカワの社長ほか重役関係者が乗った飛行機が、カイロを出発したあとに消えた。同時刻、九州にあるイシカワの開発施設が、武装集団に占拠された。情報局から派遣されたハギリ、ウグイたちは事件の展開を見守る。 Wシリー…

川村裕子 王朝生活の基礎知識 古典のなかの女性たち

古典に登場する王朝貴族はどんな家に住んで、何時に起きて、何を食べていたの?古典を読むときに知っておきたい知識を、女性を中心に日常から特別なイベントまで優しく解説する。 歌の贈答、結婚への手順、服装の項目を知っておくと面白いのは、女性の生活が…

森博嗣 血か、死か、無か? Is It Blood, Death or Null?

人間を殺した最初の軍事用AIイマン。デボラと対立する勢力と通信があったと思われるため、ハギリはエジプトに赴く。一方、ナクチュの冷凍遺体が行方不明に。目覚めない彼を利用する都合とは? シリーズ8作目。森博嗣の世界がクロスオーバーしてめちゃくちゃ…

一海知義 漢語の知識

日常の中で使っている言葉には、たくさんの漢語があります。身近な熟語から,どこかで聞いた成語まで。私たちの生活に浸透した漢語の出典を探り、言葉への理解を深める1冊。 仕事をする上で色々と勉強していたまま、なんとなく疑問に思っていたことが明らか…

ジェイムズ・ヤッフェ ママは何でも知っている

毎週金曜日のディナーは、刑事デイビッドと妻の2人で、実家のママと時間を共にするのが恒例だ。ママはいつも捜査中の事件を聞きたがる。決め手に欠けるにもかかわらず、ママが簡単な質問をするだけで、いつもたやすく解決してしまう。ママの手腕8編を収録。 …

森博嗣 ペガサスの解は虚栄か? Did Pegasus Answer the Vanity?

国内のスーパ・コンピュータ、ペガサスから推測が提示された。パリ万国博覧会から逃亡したウォーカロンには、クローンを生む擬似受胎機能が搭載されている可能性があるという。調査のため研究者ハギリは、インドの富豪と会うことになる。 ヒトとは、ウォーカ…

池上彰 知らないと恥をかく世界の大問題9 分断を生み出す1強政治

池上彰が解説する世界・国内のニュース総まとめ。シリーズ9冊目で、世界は一つから1強化へ。世間はニュースを見たり、読んだりしすぎなのでは?と思っていて、私には1年に1度読むくらいがちょうどいい。もう少し丁寧に専門的でボリュームのあるものが読みた…

アンデシュ・ルースルンド ベリエ・ヘルストレム 地下道の少女

極寒のストックホルム。警察本部の近くで、外国人の子ども43人が団体バスから置き去りにされた。同時に、病院の地下では顔をえぐられた女性の死体が発見された。グレーンス警部たちは事件を追ううちに、町の深部である地下道との関わりを見つける。しかし、…

ジョーダン・ハーパー 拳銃使いの娘

獄中から発せられたボスの処刑命令は必ず執行される。刑務所を出たばかりのネイトは、11歳の娘ポリーを助けに向かった。すでに妻は殺されており、2人での逃亡と報復の旅が始まる。暴力と犯罪に塗れる中で、ポリーは生き延びるための術を身につけていく。 新…

森博嗣 青白く輝く月を見たか? Did the Moon Shed a Pale Light?

北極基地の近く、海底5,000メートルで稼働し続けるスーパーコンピュータ「オーロラ」。忘れられた存在だったが、暴走の可能性を感じた政府は、ハギリに停止を依頼する。接触もできない、データを蓄積するだけのオーロラは何を見つめているのか。 森博嗣のWシ…

茂木誠監修 武楽清・サイドランチ マンガでわかる地政学

自国中心主義を進めるアメリカ、EU離脱を検討し始めたイギリス、南シナ海への勢いを隠さない中国、混乱を増す中近東。様々な国と国との関係は、地形によってどう変わっていくのか。地政学を切り口に世界史の大局を解説する。 時間の流れが世界史になり、その…

阿澄思惟 忌録: document X

著者が2006年から2012年までに収集した記録から4点を公開する。1992年、両親の目の前から消えた少女、事件か事故か交霊で娘を呼ぶ「みさき」。目にすれば数日後に死ぬと言われる護符の顛末「光子菩薩」。出版社に残されていた沖縄の幽霊屋敷にまつわるデータ…