読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロバート・カレン 子供たちは森に消えた

ナイフで無惨に処理された少女の死体から、事件は始まったのか……? 1980年代、ソヴィエト連邦崩壊前夜に起こった連続少年少女殺人事件。捜査官ブラコフは、精神科医の協力と得て事件を追うが、犯罪を止めることはできない。その数、50件以上。劣悪な時代背景と、犯人の正体をまとめたノン・フィクション。
トム・ロブ・スミス『チャイルド44』(感想)のモデルとなったノン・フィクション。猟奇殺人は資本主義でしか起こらないよテヘペロ! な時代背景と、共産主義お得意の報道操作によって、出るわ出るわ子どもと娼婦の死体……。猟奇殺人好な僕も流石に腹いっぱい、フィクションではないのかと思うと、凄まじいの一言。犯人逮捕後の裁判シーンも壮絶で、これはミステリでは味わえない。

子供たちは森に消えた (ハヤカワ文庫NF)

子供たちは森に消えた (ハヤカワ文庫NF)