読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮部みゆき ソロモンの偽証 第I部 事件

クリスマスの雪降る夜、14歳の少年が校舎屋上から飛び降りた。両親、刑事、教師、友人、誰もが自殺で納得したはずだった。悪意溢れる告発状によって、事件は急展開する。過激化する保護者とマスコミ。そして学校にまた一人、もう一人と死の連鎖がつきまとう。これは少年の怨念なのか、それとも……。
宮部みゆき、5年ぶりの現代ミステリで母と僕歓喜! しかもボリュームたっぷり! っつかボリュームありすぎでしょう。少年の死で幕開けする3部作の1巻は、落ち着いた事件が数々の悪意によって混乱する様を書いた序章。序章? このボリュームでマジで(武者震い)? 事件はシンプルなのに、どうして人は混乱するのか。人間の暗部を切り抜くようなこの語り口、たまりません。

ソロモンの偽証 第I部 事件

ソロモンの偽証 第I部 事件