読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浦賀和宏 彼女のため生まれた

高校時代の同級生に、銀次郎の母親が殺された。彼は犯行後に逃走、母校の校舎から自殺した。なんと遺書には銀次郎の過去を糾弾する内容が書かれていた。覚えのない銀次郎はライターとして捜査する中で、母親たちの奇妙な設定に気づいていく……。
『彼女の血が溶けてゆく』(感想)に続く銀次郎シリーズ2作目。またもや奇妙で残酷な事件に巻き込まれる。粗筋が同じでも、東野圭吾が書くと様々な血縁関係者たちが再会と涙をくり返すだろう。だけど浦賀和宏が書くと大変苦いものになってしまう。そんな作者に育ててもらったんだ。