読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小野不由美 残穢

マンションの一室、和室から畳を掃くような音がする……。いるはずのない赤ん坊の泣き声が聞こえる……。呆けた老婆が床下の何かに話しかけている……。この土地には人が居着かない……。小野不由美がマンションの怪奇現象を調べるうちに、土地にまつわる奇妙な過去が浮かび上がる。
新年1冊目がホラーかー! チクショー! と怖がりながら読んでしまった。ドキュメンタリ・ホラーはショート・ショート形式しかほぼ読んでいなかったので、読み応えを感じつつも、胡散臭さがどんどん強くなってきて……。それが一周して怖さとなった瞬間、寒気が走るとは当にこれ。近所のゴミ屋敷が恐怖になるとは……。

残穢

残穢