読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷室冴子 なんて素敵にジャパネスク

時は平安時代。京の名門の娘、瑠璃姫は花盛りの16才。思い人の吉野君を待っていても、父は待ってくれない。そんな心配は陰謀になり、権少将を娘の寝室へ通わそうとするが……。
氷室冴子の作品がKindle化していたので読み始めてみた。月シリーズ1作ぐらいで進めていこうかな。ある程度の年代の女性なら誰もが知っていそうな名作で、今読んでもとても少女漫画的で面白い。平安時代のセックスの近さを笑いあり、涙あり、またヒロインの気っぷの良さと不器用さが相まって……。氷室冴子の好きは、恐ろしいほど心深くに刺さる。

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite