読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮部みゆき ペテロの葬列

拳銃を持った老人によるバスジャック事件。人質の中には、今多コンツェルン・グループ広報室に勤める杉村三郎が偶然にも居合わせていた。老人との奇妙な交渉の末に解放されたが、事件の全貌は見えていなかった。後処理をするように事件に関わっていく杉村だが……。
今多コンツェルン・グループ会長の外腹の娘と結婚した杉村三郎シリーズ3作目。ますます杉村が肩身の狭い立ち位置になってきている。このシリーズの醍醐味は、人それぞれの正義や悪を混ぜて、割り切れなくさせることだと思っているので、今作はボリューム感も相まって素晴らしかった。凄い読ませっぷりだよ、これは。事件が終わったと思わせてから、まだエゴを滲ませるか! には評価別れたようだけど、僕はテンション上げて嬉しい悲鳴が出ていました。宮部みゆき、可愛い顔してこういうの書いちゃうからたまりません。
ペテロの葬列

ペテロの葬列