読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賀東招二 フルメタル・パニック! 終わるデイ・バイ・デイ

相良宗介が得られなかった時間を支える千鳥かなめとのささやかなが日常も、秘密組織”ミスリル”によって終えようとしていた。謎のアーム・スレイブが香港に出現。神出鬼没なASに緊張感が高まり、南北中国で戦争が起ころうとしていた。任務の優先順位に挟まれ選択肢のない中で、宗介はミスリルの矛盾に気づいていく……。
再読で、初めて読んだ時は泣くほど盛り上がったのになあ。アニメの出来もよかったからなあ。強襲揚陸潜水艦トゥアハー・デ・ダナン艦長テレサ・テスタロッサが決断するシーンはやっぱりいい。
宗介の戦場という日常、かなめと一緒にいた学校という日常。今まで短編で書かれていた笑いあり、涙ありのコメディだった世界が、長編4作目にして彼らの心情が揺るぎ始める。宗介自身が組織にも、学校にも矛盾が生じる存在だと気づいていく過程も素晴らしくて、かつ裏方たちの動きが物語を熱くしてくれる。今までのロボットSFと、キャラクタ・コメディ小説がまさかの魔合体。素晴らしい。