読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オキシタケヒコ おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱

山中の牢獄に囚われた少女、ツナはぼくが行くと微笑んで迎えてくれる。「ひさしや、ミミズク」。怖い話しを聞かせる2人の関係も10年が経つ。しかしそんな異常な日常は突如揺さぶられる。ぼくが関わっている世界、これは夢か現か。

Twitterで話題になっていたので読んだけど、全然合わなかったとだけ。そんな自分に残念。