読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森見登美彦 有頂天家族 二代目の帰朝

京都は天狗と人間と狸の共存によって成り立っている。下鴨神社の糺ノ森に住む名家の三男である下鴨矢三郎は、亡き父から教わった「面白きことは良きことなり」を口にしながら京都を歩く。英国より赤玉先生の後継、二代目が急遽帰還。京都の狸たちはてんてこ舞いに。
1作目はアニメも大変いい作品だったので、シーズン2前に読んでみた。やっぱり最後までだらだらと過ごしているように思えてしまうが、盛り上がるし、とても満足してしまった。最終巻の3作目が楽しみだ。