黒木あるじ 無惨百物語 ておくれ

ふとした違和感を気にせず、そのままにしていないだろうか。もしかすると「ておくれ」かもしれないのに。実話会談の収集家による百物語シリーズ

シンプルに怖く、現代から回想まで時間軸も豊富で、オカルトもあり、このシリーズは文句なしの塩梅。現代百物語を探していたので嬉しい収穫だ。

無惨百物語 ておくれ (角川ホラー文庫)

無惨百物語 ておくれ (角川ホラー文庫)