石原陽一郎 長岡正哲 石川かおり 茅和伊 アフガニスタンの未来をささえる 国際機関職員の仕事

世界銀行国際移住機関国連人口基金ユネスコアフガニスタンの国際機関で働く4人の日本人が、それぞれの視点から援助の実情と未来への道のりを語る。

アフタガニスタンのニュースを見ながら、こんなに困難な国になったのか理解したくて読んでみた。歴史的、地政学的な脅威に囲まれ、自然災害、紛争、汚職、貧困といった発展途上国が直面する問題が勢揃い。さらにテロとの戦いが増し、ボトムはさらに深まりつつある。世界で1番困難な国と呼ばれる理由がよくわかる。それでも救おうとする人たちがいて「アジアのスイス」になる日を願う。ミステリーのWhy done it ? を読んでいるような気持ちよさがあった。2009年発刊ではあるけど、ナショナルジオグラフィックの最新特集と合わせてぜひ読んでほしい。

続きを読む

アルネ・ダール 時計仕掛けの歪んだ罠

15歳の少女が監禁されているとの通報を頼りに突入するも、現場はもぬけの殻。連続失踪事件として追うベリエルは、上司と衝突しながら説明しきれずにいた。残されたメッセージが、彼に宛てたものだったからだ。現場に必ずいる不審な女性に気づき、一気に駒を進めるチームだったが……。

癖の強い北欧ミステリーを読みたいと思っていたけど、個性派すぎる! 強引すぎるプロットは気になるものの、背景がどんどん変化するので一気に読んでしまった。ラストの「息を呑む」展開が洋ドラなみに強烈。あまりにも苦々しいので、続編を読むかどうか悩む。

続きを読む

吉村文政 戦争の時代の子どもたち 世田国民学校五年智組の学級日誌より

大東亜戦争が進む中、言葉と絵で学級日誌を書いた子どもたちがいた。多くない勉強の機会、農作業で採れた野菜や、先生がかけてくれた言葉。そして疎開してくる同年代の子どもたちや、学徒動員で旅たつ年上の人たち。

8月の終戦記念日に合わせて読んでみた。耐えて制約ばかりの日々、それでも「文化がないなら、自分たちで文化をつくろう」をテーマに、農作業の楽しさを教える校長先生、表現することを支えた女性教員がいた。過酷な環境になっても、こういう人でいられるかと自分に問うてしまった。活動を続け、今日まで残した人たちを心から尊敬する。

続きを読む