武田砂鉄 他 ブックオフ大学ぶらぶら学部

1991年8月、神奈川から始まったブックオフは、瞬く間に日本全国、ニューヨークやパリにまで広まった。通い倒した人たちが語る、それぞれのブックオフへの思いとは。

新古書店に関わる人や競取りの人など、それぞれのブックオフ観を語った1冊。競取り近代史とブックオフ社史がべらぼーに面白くて、エッセイ調なのに一気に読んでしまった。読み終えた誰もがブックオフに行きたくなり、ブックオフを見ても行っても本書を思いだすだろう。出会ってしまうと忘れられなくなる『孤独のグルメ』のような本だ。