読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川原健 明太子をつくった男 ふくや創業者川原俊夫の人生と経営

昭和24年、戦後の博多中洲から再起を試みた食料品店ふくやの主人から、福岡名物の歴史は始まった。韓国のソウルフードから、日本全国の食卓で楽しまれる惣菜になるまで。明太子の誕生とこれから。
博多の明太子メーカーで1番は「ふくや」だろうし、実際ふくやの味が一番美味しいと思うのは何故か……。全国を行脚していた祖父の贔屓もあったんだろうなあと、全国出張しながら思うわけです。大したメーカーだよ本当。創業者川原俊夫の人生は面白いけど、亡き後の会社経営は蛇足ではないけど、企業アピール強すぎてちょっと。

明太子をつくった男―ふくや創業者・川原俊夫の人生と経営

明太子をつくった男―ふくや創業者・川原俊夫の人生と経営