雨宮純 あなたを陰謀論者にする言葉

コロナワクチンの隠さられた数字。世界を牛耳る闇の組織。健康をよくし、今までの自分から変わり、真実に近づくために存在するノウハウの数々。どうして人は陰謀論に惑わされるのか。

オカルトや新興宗教に興味があったり、Twitterの紹介で読んでみた。キーワードと歴史的な人物を中心に、多くの項目を紹介しているので浅く広い印象。だからこそ、スピリチュアルや自己啓発から派生した様々なシステムが、複雑に絡み合って今日に至った様子がよくわかる。バブル以降の日本マルチ・カルト近代史は一読の価値あり。自己啓発マルチに参加した私から言えることは、勧誘を目的にするプログラムの先にはバッドエンドしかありえない、です。皆さん、本当に気をつけて。

続きを読む

逢坂冬馬 同志少女よ、敵を撃て

1942年、モスクワ近郊の村で狩りをして暮らしていた少女セラフィマは、ドイツ軍の襲撃で母を殺され、村を焼かれてしまう。辛うじて命を得た彼女は女性狙撃小隊に所属して復讐を誓う。厳しい訓練からスターリングラードの前線で見た風景とは……。

第11回アガサ・クリスティー賞大賞を受賞作。知人から本書の紹介を受け、久しぶりに冒険小説を読んでみた。過酷な運命を受け入れる修行編に始まり、地獄の中で実地経験を重ねて、明確な敵を撃つ!過去問で解いたことのある数学の問題に出会ったような感触。歴史と成長譚を公式にして展開すれば、綺麗な解が得られて驚いてしまう気持ちよさ。キャラクターもバランスが良すぎて、とても素直なエンターテイメントだと感じた次第。須賀しのぶ流血女神伝 帝国の娘』の導入を思い出したよ。

続きを読む

廣嶋玲子 ふしぎ駄菓子屋銭天堂 1

路地の先に見えたお店。どうしてこんなところに駄菓子屋が……。今までに見たことのない色とりどりのお菓子。大柄な店主の女性が紹介する言葉は心地よくて……。

これ、一度しか出会えないレンタルビデオ屋を描いた藤子不二雄A「憂夢」と一緒だ……。懐かしい……と子ども以上にはまってしまった。日々の中にあるストレスと、それを解消してくれる寄り道の罪悪感。キラキラしたお菓子の誘惑と合わせて、上手いコンセプトだと思う。人気なのはわかっていたけど、98刷に圧倒されてしまった。

続きを読む