読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千宗屋 茶 利休と今をつなぐ

利休の末裔、武者小路千家の次期家元が解説する現代の「茶」とは? 戦国時代に千利休によって一つの頂点を迎えた茶道。僕もそこは理解しているけど、問題は現代にたどり着くまでの系譜がすっごいわかりやすい! どのようにお茶と触れ合うかを交え、千宗屋が現代に位置づける茶道の説得力を醸し出している。そう思うと実に卑怯な1冊だなこれ。読書会に使おう。

茶―利休と今をつなぐ (新潮新書)

茶―利休と今をつなぐ (新潮新書)