読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池波正太郎 真田太平記 1 天魔の夏

急速に勢力を伸ばす織田信長徳川家康の同盟軍に押され、信玄亡き後窮地に陥った武田軍勢。北条、上杉も控える中で、真田昌幸は生き残るための選択肢を選ばねばならない。源三郎、源二郎へと続く真田太平記開幕。
NHK真田丸が始まったので見ていたら、とても懐かしくなったので再読開始。大坂の陣後までを書いた全12巻だけど、真田一族、忍たちのアクションも豊富で一気に読めてしまう傑作物語だ。大河ドラマから気になった人は是非1巻だけでも! 数奇な運命で真田幸村と共にする向井佐平次や、女忍者のお江(ババア萌えが凄い)が懐かしくて心地よい。キャラクタ小説だなあ。楽しいなあ。今年いっぱいかけて読んでいく予定です。

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)