読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮内悠介 盤上の夜

囲碁、チェッカー、麻雀……。盤を挟んだ対局の末に現れる何か。ジャーナリストが追う、数々の名勝負と、その舞台裏にあった人間模様。四肢を失い、囲碁盤を感覚器官とした女流棋士を書いた表題作『盤上の夜』他、書き下ろしも収録した連作短編集。第1回創元SF短編賞山田正紀賞。
SFだと思って読んだからか、全体としてピンとこなかった。でも表題作『盤上の夜』の最後がとても好きだ。これを拾った山田正紀マジありがとう……。人間臭さのあるこのシーンを読むために、また手に取ろう。

盤上の夜 (創元日本SF叢書)

盤上の夜 (創元日本SF叢書)