読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿島圭介 警視庁長官を撃った男

1995年3月、警視庁長官が何者かに狙撃された。特別捜査本部を主導する公安部はオウム真理教犯人説に固執し、事件は行き詰まってしまう。しかし刑事部は、銀行強盗で逮捕した中村という老人から自供を得ていた。捜査によって発見された大量の銃器。影のような生き様。見えない男。本当に彼が撃ったのか。彼はたった1人で日本を転覆させようとしたのか。この老いた男は何者なのか。
違うノンフィクションを読もうと思ったのに、思わずこっちを買ってしまった。警察の醜さと優秀さが混同した事件。複雑な背景から、急に光明が見えた世界を書ききった1作。「一発の銃弾で歴史を変えることができる」は当に生きるプリンチップ社。なにこれ超格好いい。本書の面白さは初動の捜査が行き詰まり、中村が登場してからなので、公安部様子含め序盤は少し複雑怪奇かも。

警察庁長官を撃った男 (新潮文庫)

警察庁長官を撃った男 (新潮文庫)