読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池井戸潤 ようこそ、我が家へ

銀行からの出向先で真面目だけが取り柄の倉田太一は、少しの振り絞った勇気でトラブルを呼び込んでしまう。自宅への嫌がらせ、ストーカー、些細な嫌がらせの数々。出向先では営業部の不正が挙がり、倉田は正体を掴めないまま日は進むが……。
妻が隣でドラマを見ていて、結末が気になったのでKindle版で読んでみた。初池井戸潤。ドラマ版が違いすぎて拍子抜けでミステリでもなかった(俺が悪い)。現代版時代小説なんだと気付けば、また読んでみようかと思う。
ようこそ、わが家へ

ようこそ、わが家へ

Kindle Paperwhite Wi-Fi、電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite Wi-Fi、電子書籍リーダー