黒木あるじ 怪談実話 無残百物語 はなさない

帰り道に寄った神社。子どもが好奇心で投げた石ころ。胸騒ぎから引っ越したマンション。あの時の違和感は、何かを揺さぶり起こしていたのかもしれない。気づかないふりをしていただけで。

実話会談の収集家による無残百物語シリーズ。  シンプルに怖く、現代から回想まで時間軸も豊富なところがマル。喫茶店で聞くエピソードは紹介者までが奇妙なものが多く、読み応えを感じてしまう。